不登校気味だった高校生時代から

助けを求められる環境がなければ

理由を付けては学校を休んでいました | 過度のストレスで言葉も出なくなって | 助けを求められる環境がなければ

 かろうじて卒業できましたが、進学して一人暮らしを始めてから外に出なくなり、連絡も一切絶ちました。
たまに様子を見に来る母に怒鳴られたのを思い出します。
ですが、さすがに半年以上その状態が続いていた頃、病院に連れていかれ、カウンセリングをうけました。
当時の私はなぜ自分が病院に連れていかれたのか、なぜ親がそこにいるのかも理解できない状態でした。
ですが、先生に初めて「辛かったね」と声をかけられた瞬間、声を上げて泣いてしまいました。
 助けを求められる環境がなければ、人の人生なんてすぐ滅茶苦茶になると思います。
私は青春時代を無駄にしたけど、運が良かったのかもしれません。